2012年1月

最後の新年会

1/21 株式会社IMS本社をご訪問させていただき電動バイクについての情報交流をさせていただきました。夕方より取引企業様の異業種交流新年会にお呼びいただいたので参加させていただきました。

本社ビル1F横浜市場にて美味しい料理とお酒を頂きました。店長さんスタッフの方々有難うございました。お近くの方は是非お店に足を伸ばして見て下さい。http://r.gnavi.co.jp/b021800/

関係企業様大変お世話になりました。今後ともよろしくお願い致します。

結果終電逃しましたがこの時期は仕方ないね・・・(笑)

後日静岡に帰り試乗車持参してデイトナ本社にご挨拶に行ってきました。

隣接するテストコースをお借りして試乗のお願いも快く受けていただき、寒い中担当者様方々には大変感謝致しました。

パワートレインの動力性能に関しては現状の電動スクーターの中では最高レベルと評価頂きました。試乗の様子は後日動画にてUPさせていただきます。

デイトナさんの自社開発の電動バイクなども見せていただき色々と情報交換させていただき有意義な一日でした。

まだまだ寒い時期が続きますが春に向けて多方面に足を運びたいと思います。

デザイン・機能・完成度はさすがはデイトナさんといった所でした。今後全体試乗が盛り上がると良いですね。

参考までhttp://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=3456 

小林昌義

 

『電動スクーター』リーディングカンパニー

先日業界内では、急展開されている企業テラモーターズ本社を訪問して代表の徳重社長にご挨拶兼ねてお会いしてきました。

始めてお会いした感想は、私とは対照的に(笑)とても真面目な方という印象でしたが短い時間の対談の中で、日本市場を盛り上げていくことに賛同頂けたので、今後は日本のEV二輪ベンチャー企業として共にスピード感もった展開で日本の市場開拓を協力していければと思います。

終始質問を多く頂いた中で熱心にメモを取る直向さは少し学ばなければと少々反省しつつ、創業1年目である弊社は協力関係を築ける企業様やご支援頂ける方を慎重に模索しながら、今年は飛躍の年となるように邁進していきたいと思います。

翌日は銀座のインキュベーションオフィスの新年会に参加して多くの企業様と交流を深める事ができました。

日本の組織化された、古い体質の残る企業の方々には認知されにくい企業形態ではありますが、スタートアップ企業としては多くのメリットもあり東京でゼロから企業したばかりの私にとっては少しずつ協力して頂ける方々増え、人との繋がりの大切さを改めて感じさせていただいている今日この頃です。

本日は東京でも雪が降るといったまだまだ寒さも厳しい季節ですが春先に向けて準備に入ってくる動きもあり、今後加速するであろうEV社会に貢献出来るよう地道に基盤強化に努めたいと思います。

はーやく来い はーるよ来い♪

小林昌義

ちょっと栃木まで・・・

1/13 栃木県にある販売店舗様にお会いして来ました。以前より試乗をご希望されていたので一路試乗車を持参し豊浦電気商会代表野中様にご挨拶に行ってきました。(左ヒゲ面の私 右野中社長)

o0800048011732644654.jpg

試乗の様子は販売店ブログで紹介させていただきます。

野中様ありがとうございました。近々試乗車としてCOMPAをご用意させていただきますので農家の方々の身近な足になっていただければと思います。

栃木に来た最大目的は電動サイドカーの車輌開発をエムクラフト様にお願いする為、工房にお邪魔していろいろお話をさせて頂きました。TV番組でも使用されているサイドカーを手がけた工房で、すでに30年以上の実績との事です。5月の連休には完成を目指して製作に取り掛かっていただけるとの事ですので、楽しみにお待ちしています。バッテリー搭載スペースが3倍となり側車二輪とすれば最大3名の乗車も可能となり航続距離・コスト面でも新しいカテゴリーのコミュターとなると思います。業務用としての可能性も広がるかもしれません。

topb.jpg

帰りに埼玉、東京を経由して電動バイク老舗メーカー(といってもまだ2.3年の市場ですが)

にお邪魔していろいろお話させていただきました。

株式会社テコhttp://www.teco-world.com/company.html 

スクーテックジャパン株式会社http://scootech.co.jp/ 

代表西下社長・宮坂社長お忙しい中対応頂きありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

写真撮り忘れたのでリンクで紹介させていただきます。まだまだ個々には小さい組織ですが、方向性を共に共有して無駄を無くしスピード感もって協力していく事で市場ももっと盛り上がるのではと考えておりますので今後ともメーカー問わずお邪魔致しますので宜しくお願い致します。

特に開発に力を入れているメーカーさん、創世記から市場を支えている方々には早々にお会いしたいと思います。

小林昌義

紀伊国屋公演

ブログ更新少々サボってしまい・・・ 少し足跡をたどり・・・

1/10 久しぶりに坂井と終日共に過ごす時間ができ、銀座で待ち合わせ。

税理士に挨拶を済ませた後合流、埼玉市役所環境課の担当者の方とEV街づくりについて情報交換(やはり電動バイクの認知度は低い) 午後から新橋のモーターマガジン社、二輪車新聞社編集長にご挨拶かねて電動バイク市場についての情報交換。

新宿紀伊国屋で行われたイベント前にお時間頂き、株式会社監査と分析の代表上念様と待ち合わせ、勝間様にもお忙しいところお時間割いていただき、電動バイクを普及構想についてご相談とお話の中でマーケティングにまで発展させて頂き多々アドバイスをしていただきました。

勝間様は国土交通省で、社会資本整備委員会の道路分科会、基本政策委員会 にも所属されているとの事ですので、低炭素社会の枠国の中で提言していただけるように今後も情報交換をさせていただきたいと思います。

公演時間直前まで打ち合わせに応じていただき楽屋にまでお邪魔させていただき大変お世話になりました。

http://www.kinokuniya.co.jp/label/20111207115131.html 

 ズルい仕事術

 まじめの罠

初めてセミナーに参加させていただきましたが、会社経営をしていく上でとても参考にさせて頂くことが多く、大勢の人を魅了する講演に改めて感銘を受けました。

皆さん、著書『ズルイ仕事術』 『まじめの罠』ぜひお近くの書店で購入してみてくださいね。

講演会場の最後に行われた簡易テスト、私は自身過剰との結果・・・  どうなのかな(笑)

小林昌義

 

 

電動バイク専門店

1/8 世間では正月休みもつかの間の3連休でしょうか、成人式も各地で行われ激動の年(パラダイムシフト)を迎えつつある新成人達の思いは様々だと思います。

苦しい時代か?チャンスの時か?何も考えていない無気力か?安定という妄想が崩壊しつつある現代で常識に囚われず、本質を見定める確かな目と、先を見据えた行動力ある若者が多く世に出てくれる事を期待します

・・とつぶやきはさておき。

先日は静岡の工場に一旦もどりちょっと探し物・・・

12-01-07_001.jpg

年末からの探し物やっと見つかりました。少し整頓しないと・・・ 仕事の基本は5Sですからね

 

本日は横浜鶴見に新規に電動バイク専門店を立ち上げる会社を訪問して、販売店舗の開店のお手伝いをしてきました。

プレオープンは今週との事。従業員の方々が開店に向けて精力的に準備していました。

12-01-08_001.jpg

内燃機関の産業が先どまりとなる一方で水面下では新規事業への参入も増えてきているように感じます。

二輪業界・四輪業界・石油業界・輸入商社・ラジコン屋さんから家具メーカー・鉄工所から飲食業界・IT業界まで供給側は多種多様

まだまだ供給過多の市場形成ですが今年から需要も更に伸びてきています。

一方で志半ばにして撤退してしまう方々もこの5年で年々増加の一途です。一番の被害者はお客さんかな?

今後大きく動く市場ですがまだまだ販売を拡大していくには支える側が少ない事も現状です。

あと半年はフットワークをモットーに全国的に駆け回りたいと思いますので異業種・同業者問わずオファーお待ちしています(笑)

小林昌義

 

 

 

 

 

 

2012年の幕開け

1/6 新年の水道の水も凍る寒さでしたが、本日は神奈川の工場に一日引きこもって作業しました。

 

12-01-06_004.jpg

日ごろからお世話になっている7C厚木工場で、今年新たに電動バイクビジネスをスタートさせる方が試乗に来られたので

現状の市場と今後普及への市場構築・製造過程での善し悪し、簡単に構造や性能面トラブルシューティングなどを中心にお話しさせて頂きました。

12-01-06_005.jpg12-01-06_001.jpg

現状はイノベーター層中心の市場ですが新たな思いで、関心を持って取り組んでくれる方々が今後の市場を支えて行くと確信しております。

まだまだ物作りもこれからですが近いうちにガソリンバイクを価格・性能面で凌駕するモデルが続々と出て来るでしょう。

電動バイク市場はまだまだ可能性も多く課題も多いですが苦労して支えあっている方々と共に成長していければと考えております。

新たなビジネスチャンスとして関心ある方は、これからの市場の先駆者ですので、参入・撤退・売りっぱなしが後を絶たない状態の市場ですが先々を見据えて市場を共に育てていただける方々には今後も最大限協力させていただきたいと思いますのでご協力宜しくお願い致します。

電動バイクを今後購入をお考えの方々においては、創生期の現在は品質・価格・メーカーもこれから淘汰されていきますが、アフターサービスを大前提に専門店・バイク店・モータスなど購入後のメンテナンスをやっていただける店舗にて使用目的にあったお勧めの電動スクーターを購入していただく事を切に願います。

今年に入ってEV事業が日々関心が高まっている事も感じられます。ベンチャー企業・大手企業・商社・開発メーカー・行政の枠を超えたビジネスモデルで世界市場に向けた取り組みが今後の二輪業界・日本経済の起爆商材になる事を発信し続け、柔軟にスピード感もった方々と連携して今後も基盤構築を進めていきたいと思います。

小林昌義

 

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。おめでとう言葉も不適切とさえ感じる新年のスタートではありますが、2011年を振り返ると大震災ほか自然の脅威にさらされ大自然の前では如何に人間の無力さ感じさせられた激動の1年だったと思います。

東北の復興はまだまだ先の見えない中、政治・経済が少しずつ変わりつつある中、日本の未来を見据えるとこれからが非常に厳しい年となると思います。

これから子供たちの未来に何ができるか何を残すかを考えて、出来る事から少しづつ変革していくことがこれからの社会に重要な事だと考え一歩ずつ前進していきたいと思います。

2012年もお客様に満足いただけるよう社員一丸となり邁進していきますので、協力関係者様にはより一層のご支援・ご協力を賜りますよう宜しくお願い致します。

kaitennnoboriryuu.gif

 

小林昌義

1
PAGE TOP