2012年4月

大阪オートバイ事業協同組合試乗会

先日の試乗会のお便りが関西から届きました。

試乗会3.jpeg

試乗会2.jpeg

(注 巷で噂のピザの唄うバイクでは無いですよ)

細部にわたり評価頂いた理事長様始め販売店さんの方々に感謝致します。現在改善も日々進んでおります。

中身にこだわった仕様で少しづつではありますが口コミでの認知度も全国的に広がってきました。

各地で積極的にインプレや試乗会をやって頂ける方々に日々支えられています。

改善事項は山積みですが、動力性能に関してはバイク業界の方々にも少しづつですが高い評価を頂けるようになりました。

今後、よりよい製品に仕上げて行くにはコンポーネントを共有していく事も必須です。

今後業界内でより良い商品作りに賛同してくれるメーカーさんと交流を重ねながら

業界全体をリードして行けうるよう社員一丸となり取り組んでいきたいと思います。

小林昌義

JIMA

会社設立から多くの方と交流も深まり今年から本格的な始動となる弊社としましても、業界の方々が参画しているJIMAhttp://www.jima.gr.jp/ 

にご挨拶を予定しました。

既に交流ある方々も多く参加されている様子なので、今後の交流を通じて全体市場の盛り上がりに協力できればと思います。

JIMAの活動については、これまでに聞きかじった範囲ではまだ良く分かっていないのでまずは『百聞は一見に・・・』

と言う事で今後のブログでも紹介出来ればと思います。

小林昌義

一億円

本日は保険の更新と言う事で、工場まで足を運んで頂きました株式会社エコライフ加藤さんいつもお世話になります。

http://www.sompojapan-ag.com/a/ecolife/ 

 

PL・自賠責に生命保険に・・・ 生命保険は個人的にですが、

保険が適用される事は無いのが一番ですが、万が一に備えてですね。

ブログタイトルはPL保険の内容です。 

まだ年商ではありません。

 

ここ最近は工場での作業中にコンデンサーの高電圧でヒヤットする事も!

昨日はレンチの先端が溶けて無くなりました(汗)

配線の色が車両ごと統一されてない過去の物にはイライラ!!

ちょっとお疲れかな(笑)

 

バイク屋さんでの扱いはそういった観点でも扱いに関しての課題は多いと思います。

パワートレインには安易に触れない事をお勧め致します。 

触る事が一番の近道ですけどね。

この3年でかなり改善されました。フィードバックが生かされる電装メーカーさんのお陰です。

安全設計にも力を入れて行きたいと思います。

近年独自にアフター構築される専門店さんも増えてきましたのでこういった方々が先行して今後の市場を支えて行くとも考えています。

まだまだ手はかかりますが完成度突きつめていくと電動バイクは数年後には・・・

 

タイヤはパンクしない。 (タイヤメーカーさん早期商品化期待します)

回生機能でブレーキもさほど消耗しない。(電磁ブレーキやパウダークラッチ採用等で消耗部品が無くなる可能性もあります)

リチウムイオン電池の導入が加速する事でで回生率は可変していく事も可能でしょう。

現状は安易に回生率上げるとバッテリーへの負担もあり満充電時の過充電でバッテリーは・・・ボンです

LED化で電球も切れない。(LEDに次ぐ新技術も加速しています)

コンピューター解析で主要部品はアッセンブリーの簡易交換となる。

外付けハード・ソフトの多様化

 

話がかなりそれました。 

 

イベントの準備もそろそろ始めたいと思います。

 

小林昌義

 

VITA試乗レポート

まだまだ街中で電動スクーターを見かける機会は少なく試乗できる場所も限られていますが、店舗さんのご協力のもと試乗レポートの動画が届きました。

宜しければリンク先をご覧ください。http://youtu.be/qhtCX-c1eOg 

画像は最低スペックの1Kwですが、今後3Kwまでは標準ライナップに入れて行きます。

今後もガソリンバイク同等以上の中低速からのマイルドな加速とバイクとしてのバランスの完成度に力を入れて行きます。

小林昌義

 

ウルトラトレイル・マウントフジ

大自然とスポーツを愛するライダーのみなさんへビックリマーク
この5月18,19,20日(金曜日~日曜日)に開催される日本で初めての100マイルレース「UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)」が、いよいよ一カ月とちょっとに迫りました。春の訪れと共にあちこちお出かけの予定があるとは思いますが、是非とも沿道に立ってランナーたちを誘導するボランティアをお願いしたく、広く呼びかけすることにしました。エイドで選手の食事や治療や疲れを癒す為のマッサージ関連はすでに決定しておりますが、コースに立つ誘導ボランティアはま~だまだ足りません! 日々大会HPに申し込みはあるものの、総勢800名のうち1~200名を、是非とも私は「ライダーで固めたい!」という意志を強くしました。

『三好礼子さんからの告知です』

http://www.ultratrailmtfuji.com/

ということで・・・ face bookで広がっているOne World バトンリレーの参加をきっかけに色々な方と交流も深まり、地元で開催するボランティアに参加しようと思います。

来週は役所での説明会に参加の為、金曜には静岡に帰ろうと思います。 三好さんに当日お会いできるか楽しみです。

会場への足は、もちろん環境配慮も考えて電動バイクでね。ろご1.jpg 

地元富士山も世界文化遺産に認定されますように。 

 

 

One World リンクです。 http://www.bert-japan.org/2012b/

318249_275141535897133_100002038660118_636671_942642890_n.jpg

 

小林昌義 

電動バイクで日本一周

少し前になりますが、これから電動バイクに乗って日本一周するという若者にであいました。

あついゆうhttp://ameblo.jp/netuino/ 

事務所所属のミュージシャン??大きな夢をもって旅を通じて音楽活動をしているらしい。

こういった若者は年々希少になってきたような気がする。 私の周りには比較的多い方かな・・・(笑)

私も最大限応援を約束して、5月のスタートがこれから楽しみです。

最近多くの若者と交流する中で、若い世代が年々発言がネガティブになっていくような気がする。例えば就職についても、就職先が無い・・・

やりたい仕事・・・特にない できれば公務員? 親が進める??安定している??? 

資本主義である現代において、企業、公務員に安定を求める事がすでに資本主義の体制の崩壊を意味している。

既に中小企業の倒産は日に日に加速し、企業の業績も軒並み赤字続きで大規模な人員削減、

貯蓄も税収も下がる中、増税論争の行方も不透明。税と社会保障の一体改革?いったい!いつまで何を寝ぼけているのか?

既に破綻している年金制度、国民の預貯金をあてにした借金まみれの国家。

バブル崩壊以降、未来を貪りまだ何かに縋ろうとする逃げ世代。

企業で例えればオリンパスなど比ではない。新聞・TVに 悪いニュースばかりだ。

こんなことをか書き始めるときりがないが、政治も企業も新たに立ち上がり変革する動きも多くなってきた。

一見馬鹿げた事を真剣に出来る人間がいなくなってしまうのではと思ってたが、まだまだお馬鹿な子もいて一安心。こんな子が増えてくるとまだまだ元気な日本が取り戻せるのではと期待感も。

ママチャリで日本一周の次は電動バイクで2週目(笑) 多難と思うががんばって頂きたい! 特に純国産以外を選定すと電動バイクの大半はトラブルはまだまだ拭えないのが現状と言う事もお伝えした。 そちらの方は疎いご様子。まぁ旅にトラブルはつきものでしょう。

出来ない理由を並べるよりも、成功するために無謀と思える事をまっすぐ進む!まさに似た境遇なのかもしれない。

出発前にどこかでいっぱいノメル(呑める)ように他にも賛同してくれる方々に声掛けしたいと思います。

目指せオリコンランキング! あついゆう応援よろしくお願いします。

小林昌義

 

Dendo Motors イオン茅ケ崎店

先日デンドーモータースイオン茅ケ崎店にお邪魔してきました。

DSCF3896.JPG

神奈川を中心に電動バイク専門店として急速に展開されていて、アフターメンテナンスはもちろんの事、車両カスタムなどお客様のニーズにあったサービスを提供をモットーとしおり、急成長しているので今後の展開も楽しみです。お近くの方は是非足を運んで頂ければと思います。詳細はhttp://www.bj-hashimoto.co.jp/

千葉から工業デザイナーの方も工場に遊びに来てくれました。

水面下での異業種交流も進み今後の展開が楽しみになってきました。若き才能あふれる面々が周りに増えてきてくれる事が何よりの支えです。

まだまだ烏合の衆ですが日本では難しいといわれているイノベーション起こす為、叡智を集結して計画を少しづつ形にしていきたいと思います。 

小林昌義

ev2 長期レポ

先日クリエイターの有志で結成されているev2サイト担当のデザイナーの方と交流させていただき、

ev二輪車の今後の可能性やエモショナル価値についてお話させていただきました。

以前VOYAGER MOTO様http://voyagervision.com/主催試乗イベントで興味を持って頂き、長期の試乗をご要望という、ありがたいご提案があり試乗車をご提供させていただきましたので、今後のレーポートも参考にして頂ければと思います。

昨年より多種多様な電動バイクが日本のマーケットにも少しづつ展開しつつある中、情報も少ない中で色々な方が興味を持って頂ける事には感謝したいと思います。今後電動バイクを購入をお考えの方もカタログスペックでは参考にもならないので是非試乗をお勧めしたいと思います。

ev2サイトに関しては少々辛口(笑)か正直(個人的な感想)か・・・。

広告に偏ったサイトでは無いので、大手バイクメーカー、他社さん含め今後の展開も楽しみです。購入や今後のビジネス展開をお考えの方も情報収集にご活用頂ければと思います。

レーポートの更新内容はブログでも紹介させていただきます。

長期レ~1.JPG

http://ev2.jp/ 

 

小林昌義

駐輪場などなど

最近は暖かくなり工場への電動バイク通勤も楽しくエコに快適に過ごしています。

電動バイクの一般的な電池スペック20Ah程度のものでは10Km前後の通勤には適していますがそれ以上の航続距離を維持し続ける事は、電池性能と言うよりもコスト的に難しく今後の電池のコストパフォーマンス向上に期待します。

ある統計では一回の走行距離では一般的にスクーターで移動する範囲は5Km~10Km以内、業務用は30Km~50Kmが大半というデーターもあるので実用的には既に問題は無いですが、ついつい充電を忘れたり怠たったりして電欠となってしまう為、駅・商業施設・駐輪場などに充電インフラが充実していく事が今後の市場拡大の一端を担うと思います。都市部では駐輪場が少なく機動性のある便利なはずな乗り物にも不便さを感じる程です。

世界市場を見ると電気自動車よりも実用性の高い電気バイクは急速に発展している為、家電を中心としたコモディティー化が電動バイクの主要部品にも顕著にあらわれ、日進月歩で進化しています。この数年で内燃機関の二輪車は趣味性高い分野とスポーツ・レースなどに特化していく傾向にあると考えています。

専門店・バイク屋さんの取り扱いも少しづつですが加速してきました。まだまだ認知度は低いですが電池切れで困ってしまう事がないような町づくりも行政・企業連携を模索しながら新しい産業構築に寄与できればと思います。

今後はITとの連携や自然エネルギーの有効活用などエネルギー問題・防災対策への可能性を事業として取り組くみ社会貢献への一歩が踏み出せるようなシステムを早期実現する為、投資家・ビジネスパートナー・人材発掘に注力して今後淘汰されていく業界をリードしていけるよう、まだまだ全国行脚にも全力投球です!

小林昌義

整理整頓

本日は神奈川の工場で電動バイクの整理を朝からせっせと・・・汗

12-04-13_003.jpg

フレーム・パーツも山積み状態(反省)足の踏み場もない・・・

4月も中旬となり本格的なシーズン突入。

あたたかくなり注文がきてもスムーズに出荷できるよう整備スペースレイアウトも少し変更しました。

糖尿の工場長も復帰して 活気がでてくるぞ!(無理しないように)

来週は静岡の工場もやらないと・・・ 汗 汗

電動トライク作成の準備も 汗 汗 汗

車両の完成度もまだまだこれから、やる事山積みですが少しづつ進んできました。

初年度決算まであと少し。今年は飛躍の年となるようここから加速です。

側車・トライクもゴールデンウィーク頃には形になるかな。楽しみです。 痛車は? 今後のイベントのネタになればです。

12-04-13_005.jpg

帰り道桜はまだ見ごろ 雨が強くなってきたので日曜には見納めでしょうか。

小林昌義

1  2

PAGE TOP