ホーム > NOMEL代表ブログ

NOMEL代表ブログ

テスト

facebookページへのリンクが消えない。

消そうとしたら更に増える。

アプリ削除結果はどうかな?

小林昌義

 

モーター交換

今日はモーター交換。

ガソリンバイクでは、エンジン載せ替えやボアアップといった重整備にあたる作業でしょうか。

電動バイクは整備が簡単で専用の工具もいらない事はメリットです。

では早速

①外装外して

IMG_0082[1].JPG

②配線確認

IMG_0083[1].JPG

③モーター外して付け替える

IMG_0085[1].JPG

IMG_0088[1].JPG

誰でも簡単3ステップ  4ステップかな~

修理交換・パワーUP・コンバートなどなど簡単に出来るので汚れる事もなく、面倒臭がりの私でも楽勝

エンジン整備が好きな方にはつまらないかも知れませんね。

考え方一つで色々な事が楽しめそうですね。

小林昌義

 

フォックスコンの余波

世界の製造拠点である中国は今年大きく動きがありそうです。

従業員60万人を抱える何かと問題の多いフォックスコンが大幅な賃上げに踏み切る事で中国製造業全体に賃上げが波及しそうだ。

フィリピン・ベトナム・タイ・ミャンマーはじめASEAN中進国でも急激な物価上昇、富裕層の増加でブランド志向が高まってきた。

円高・デフレを謳歌してしまっている日本の経済状況は異常極まりない。 

数年で増税の余波は下請け圧迫を加速させ税制優遇を受けられる輸出大企業にとってはデキレースと見ている方も多いようだが、

内需も冷え込み、海外マーケットに入る余地は年々縮小している為とり残された働き世代・これからの世代は正念場ではあるが、

同世代を中心に様々な分野で独自に立ち上がる面々も多く現われ始めているように感じる。

 

だーいぶ それそうなので・・・ 

安かろう・・かろうから脱却していく事に尽力している継続できる会社は一気に無くなりそうだ。

付加価値の高い製品を生み出せる、小回りのきく中小連携の国内生産も視野に海外戦略の準備も見え隠れ、隠れ、隠れし始めてきました。

(まだちょっとしか見えない・・・)

苦しい時程チャンスは多い。

冷静に周りを見渡し自論の『石橋は叩いて渡るな』で

(草陰から落ちない事を確認したところで)一気に突破したいと思います。

小林昌義

故障!?

今日は販売店様より引き揚げた車両の修理、

電動バイクの修理は慣れれば簡単(目をつぶってでも)

簡単な電気の基礎知識・二輪好き・やる気があればエンジンの様な繊細かつ手間の多い技術は必要ないのですが

こんな状態では何処から手をつけるか悩ましいかも知れません。

写真 (1).JPG

 

始めたばかり方や電装知識が弱い方はパワートレイン系のトラブルがあると頭が痛くなるのでは・・・

電装に強くても二輪の機構に全く無知な方も多かったりしますけどね。

12-04-05_003.jpg

販売する方の多くはここをクリアーされるまでが課題の一つですが構造が単純なうちに触っておかないと電装主要部品は完成度が上がっていく一方で更に複雑になっていくので今の段階から真剣に苦労を重ね関わっている方は、今後もこういった分野の一線で活躍していくと思います。

ラジコン並みの回路図も年々EV寄りになりつつあります。

構造が単純なので、大抵の方は直ぐ慣れますが、作りが粗いので思わぬ二次災害も良く聞きます。

修理のつもりが壊してしまうケースも多々あるようですが、まぁよくある事なので今は実践あるのみです!かならずメーカーさんにアドバイスもらいましょう。製造側で怪しい方も多くいますがまだまだこれからでしょう。(人の事は言えないので)

写真.JPG

工場に来て頂ければ色々とアドバイス出来る事もあるかと思います。

545323_356055737766597_1660720623_n.jpg535830_356055681099936_307113193_n.jpg

今日も四国から遠路遊びに来て頂いたので開発情報から業界の動き、政治論まで色々と情報交換させてい頂きました。

 

電動バイクの良い点としてとかく言われるのが『部品点数が少ない』『故障しない』『メンテナンスフリー』なんてうたい文句は要注意!

壊れるときは壊れる。まだまだ過渡期なのでフィードバック改善が続きます。

市場規模が小さく数が少ない現状、量産で品質を高めて行くことが非常に難しいジレンマはありますが、

温度ヒューズ・ダイオード・素子を大量購入したので要望の多い保護回路の製作にも取りかかります。

 

鎖骨が痛い・・・(泣)

 

小林昌義

アクセス

今日はHPの7月のアクセスを・・・フムフム 検索キーワード

1位 電動バイク

2位 nomel

3位 電動スクーター

ここは毎月ほぼ変わらない

8月はどうなるかな。

小林昌義

アクセス.png

骨折!?

先日工場からの帰路、事故にあってしまいました。

交差点で突然の左折車に巻き込まれ・・・

気付いた時には時すでに遅し。

この日はガソリンバイクでしたが運転者さんには、気がつかれなかったようです。

 

電動バイクの時は周りの音もよく聞こえ自然と安全運転になりますが

たまにガソリンバイク乗ると、ついついブオン ブオン 

 

しばらく戦力外の為、今年の夏は何も出来ない(><) 出来る事を探さないと。

電動バイクの開発もしばらくお預けですが、大した事故にならなくて良かった。

周りには迷惑かけっぱなしですが、支えられながら今年の夏も乗り切りたいと思います。

 

小林昌義

fairy tale

先週自宅からほど近い朝霧のフェアリーカフェに遊びに行ってきました。http://www.fairytale.jp/ 

普段ほとんど不在(笑)な三好礼子さんとしばし交流させていただきました。

OneWorldバトンリレー、日本一周やパリダカ、UTMFでの話と楽しい時間を過ごさせていただきました。

今度は電動バイクでおじゃましまーす。

当日ポケットwifi落としていた事に気がつかず探していたところfacebookに礼子さんがUPしてくれて見つかりました。

ありがとうございました。早速回収に伺います。

小林昌義

 

ソーラー発電事業

自然エネルギー買い取り制度が本格化して、

太陽光バブルといった動きが各地で始まっています。

発電効率があまり良くない太陽光電力を買電の為、交流変換して(昇圧)送電線に渡した所でどの程度の実用性があるか不明ですが(最終的には家庭に引き込みDC変換で更にロス)

自然エネルギーを加速させるうえでは大きな一歩になると思います。(廃棄物さえ処理出来ない原発などに依存せず国策としてもっと早くから取り組むべきでしたが・・・)

エネルギー効率が低く安定供給が難しい自然エネルギーこそ(買い取り制度などに委ねず)効率良く使う事が求めれると思いますが

設置が進む中で色々な提案・提言が出て来る事を期待します。 (安易に何も考えずに税金ばら撒く事は得意な政治集団で困ったものです)

家庭用の電化製品は直流製品が多く(家電、家庭照明 さらにはEVも)今後は直流発電、蓄電、直流使用で発電した貴重なエネルギーは

極力無駄なく使いたいものです。

今の流れのままでは送電線を一生懸命温めて(実際は暖まりませんが)電気料金に上乗せなんて構図にならないよう、

過去の反省を生かし新エネルギ事業に、利権・癒着を生みだす素人集団でムラ化する事だけは避けたいですね。

期待もしないので、出来るとこからどんどん進めて行きたいと思います。発送電分離の東京都の提言やSBのような新規参入企業には期待大ですね。

ソーラー発電と電動バイクの無料充電ステーションの連携 期待が膨らみます(^^)

2000㎡以上の場所提供できる事業者様探してます・・・

営業 営業

masayoshi kobayashi

サーフィン

夏だ!

海だ!

波乗りだ!

といことで先日比較的に海が近い販売店様へお邪魔した足で

子供を連れて久しぶりの海に行ってきました。

自然を相手にする遊びをすると環境意識や環境の変化も敏感となる!

自分も板を片手に電動バイクで海に行っていましたが、環境意識高い方には是非電動バイクに乗って頂きたいですね。

10歳になる息子に初めて波乗り教えました。(初めてにしては上出来♪)

子供の成長は早いもので・・・ 会社もガンガン成長させないと 急成長させるため頼りになる里親もっと探さなきゃ!

549150_346535578757728_753342108_n.jpg 205420_346534235424529_443511136_n.jpg

486540_346534372091182_341546076_n.jpg

環境意識の高い元気な子に成長してくれれば、

夕方から日が暮れるまで海にいましたが帰りは一緒にビーチクリーンして帰りました。 いつもの事だか海岸はゴミだらけ・・・

小林昌義

 

みんなのエネルギーフェスタ

8月11.12.13日に秋葉原で開催される、みんなのエネルギーフェスタ2012http://special.nikkeibp.co.jp/as/201207/min_ene/ 

これからのエネルギーを考える貴重な場となる事と思います。

新しい生活イメージやビジネスイメージのパビリオンやEVから電動アシスト自転車、発電、節電、エコグッズの展示や販売、各地の地域発電コンテスト「ご当地発電大賞」や「発電節電エコ大賞」、「市民大学」や「こども大学」で構成されているようです。

夏休み、未来を担う子供を連れてご家族で参加されて見てはいかがでしょう。

ワークショップ・セミナープログラムも充実、電動バイクの出展や電動バイクならではの屋内パフォーマンスや試乗会も盛りだくさん。

時間とれたら子供を連れて遊びに行きたいと思います。

小林昌義

img_top_main.jpg

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9
PAGE TOP