ホーム > NOMEL代表ブログ

NOMEL代表ブログ

バッテリー解析

先日テストで電圧カットとなったLIBパックを電池ユニットから取り外し、BMS設定リセットの為電池メーカーさんへ一度送りました。

走行データーのフィードバックも行い、コストパフォーマンスに優れたバッテリー開発も共同で加速させて行きたいと思います。

ここまでの結果と共に早く戻ってくるのが待ち遠しい。

テストはしばらく延期ですが、日本一周でも現在テスト中なので電池と共に無事旅から帰って来てくれる事を祈っています。

小林昌義

ロゴ入りステッカー

エンジンスクーターに近い動力性能を誇る弊社車両ですが、

街中を走行していても、EVである事が分からない事も多々あるようです。

そういった声にもお応えすべくロゴ入りステッカーの導入を開始しました。

企業ロゴ、オリジナルデザインなど広く対応していきますの宜しくお願いたします。

P5290201.JPGP5290198.JPG

ZMPフォーラム参加

今日は六本木ヒルズで行われたフォーラムに参加させていただきました。

ロボット開発・ロボットカーで先進リードするベンチャー企業ZMPさんの新商品発表と講演を多数聞かせて頂きました。

技術的な関心では9軸モーションセンサーや遠隔誘導システムや日本マイクロソフト代表平野氏の講演ではクラウドシステム(Windows Azure)を活用したペタバイドの情報処理の紹介や今後のEVとの連携など興味深いお話を色々聞ける良い機会でした。

個人的に一番印象があったのはケンウッド代表河原氏が語った日本の再生はベンチャーでと日本でベンチャービジネスが育たない理由だったかな(笑)

理由は聞くまでも無く日々直面していますが、先日エンジェルマネー協会の方々からも同様な意見を頂いた事をふと思い出しました。

現状ビジネスモデルより事務所形態を問われ続け創業支援受けられないまま、はや一期を迎え、二期目に入っても保証協会という肩書のお役人さんには、相変わらず事務所の形態を問われ続ける・・・・。 (本質を投げかけても答えられない担当者・・・。意味のない事に時間を取られすぎたので今期は出来る所からイノベーションを・・・)とある証券会社では小口融資をせっせとどぶに捨て、大口様にはインサイダーと・・・ 責任者は責任転嫁 どっかの電力会社や大企業でもよく聞く話・・・ 今日はこれくらいにして(笑)

一日にわたり濃い内容であったフォーラム後、交流会に参加したかったですが次のお仕事もあり早めに切り上げ、デザイナー(髭の方)と開発の話で盛り上がり・・・

世界で1台の電動バイク(無理せず出来る範囲で・・・)  夜な夜なこっそり始めます。

小林昌義

 

環境森林課ご挨拶

先日自宅に帰宅した際に富士宮市役所環境森林課 担当者様にご挨拶に伺いました。

秋に行われる環境展で試乗会を企画頂いたのですが、残念ながら急遽保留となってしまいましたが

地元富士山が世界遺産登録となるように、電動バイクの認知度向上と共に地元でも環境意識を高めて行く取り組みに今後もご協力出来ればと思います。

太陽光発電事業に関しても意見交換させていただき今後も環境配慮社会に向けて交流をしていきたいと思います。

商工会議所にも久しぶりに遊びに行って見ようかと思います。 

 

近年竜巻の発生やスコールのような豪雨など異常気象も絶えないですが、ついにグリーンランドの氷が全域融解とのこと・・・

地球規模の環境変化が年々露になっておりますが、できる所から少しづつ世の中を変革していきたいと思います。

 

小林昌義

 

 

GS

今日は静岡でガソリンスタンドを経営している社長さんと交流。

ガソリンスタンドの実情や町の車屋さんの情報交換などをはじめお忙しい中色々とお話させていただきました。

海外中古車販売にも積極的に事業展開されていて、同世代としてとてもよい刺激を受けました。

電動バイクも日常の足として、日頃からフルに活用頂いており、今後も色々ネットワークが広がればと思います。

電動バイク中心に日々の関心事なども綴っていこうと思います。

小林昌義 

失敗

新電池(LiPb)の走行テストで今日も都内往復の予定でしたが、

保護回路を付けていない状態でうっかりスイッチ切り替え間違えてしまい・・・

リチウムイオンパックが無反応に。(逆流でBMSがダウン)

来週電池メーカーさんに報告だ!(ごめんなさい)

新しいパック頂けるかな。

長距離は試作車でしか走れなのでまたしばらくガソリン車で移動に戻りです。

来週は気分切り替えて新しいアイデアも浮かんだので次につなげよう。

小林昌義

電費

日々テストしているPLAYA(改)

コントローラーボリューム上げすぎてガソリンスクーター125cc同等に・・・

命の危険を感じたのであくまで90cc同等にセッティング、足回りも時間見て変えよう。

日々電池テスト兼ねて電動バイクに乗るようになり、思わぬところで交通費がかなり節約になっている。

1円で約2~3Km走る計算だが深夜電力ならさらにコストは1/5程度

ガソリン130円/Lとして一般的なエコカーが30Km/L程度と比較すると電動バイクは260Km~1950Km/L走る計算に!!!!

車検も重量税も無い維持費もほとんどゼロ

CO2排出ももゼロ!!!

通勤での渋滞もガソリンスタンドで並ぶ事もない!!!

ちょっと良い事言い過ぎたかな(笑)  雨の日は・・・(涙)

明日は厚木からスカイツリーまでテスト走行

電車なら往復2000円程度

電動バイクなら電気代40円くらいかな・・・

小林昌義

 

Myway社訪問

先日、パワートレイン開発パートーナーであるMywayプラス社長より急遽ご連絡あり、本日朝から一路横浜へ・・・

電動スクーターをはじめEVの主要部品である、インバ^ター、コントローラー、モーター技術で日頃よりお世話になっています。

今回はハイブリット自転車からハイソなデザインの電動スクーターからマイクロ4輪カーの開発まで幅広く情報交換させていただきました。

日頃より充電器、コントローラーの解析から開発まで手掛けて頂いており大変感謝しております。

充電器についても色々情報頂けました。

概ね海外への事業展開が中心のお話となりましたが、日本国内でも消防法の改正期限も迫る中、地方からガソリンスタンドが相次いで閉鎖している背景もあり電動スクーターも少しづつ浸透しつつある動きが出てきた。(かな!?)

まだまだ対面販売が少ない現状、町の車屋さん、バイク屋さんなどアフターフォローできる環境が少しづつでも広がって国内の市場も盛り上がって来る事を期待して!!!

日夜クオリティーとパフォーマンスへの探求は続きます・・・

小林昌義

 

リチウムイオンバッテリー

バッテリーに関して・・・

リチウムイオンバッテリーは携帯電話・PCなどの主力電池として家電製品の普及と共に広く一般化しました。

今後EV・蓄電装置の普及一途を担う主要部分であり多くの電池メーカーが開発に力を入れています。

家電製品のように低い電流で使う事には適した電池ですが、二次電池の中では内部抵抗が高く大電流を必要とするEVに使用するには専用設計となる事や各セルの電圧バランスの管理が非常に精密でエネルギー密度が鉛バッテリーの5倍以上あるためコスト・安全面での対策などが重要な課題です。

次世代電池として、リチウムイオン電池の中でも材質変更を加えより安全性の高い安価な電池の開発やキャパシタ、燃料電池など様々な電池の組み合わせで今後も進化したEVが次々発表されると思います。

まだまだリチウムイオン電池については奥が深く安易に語れませんが、今後もテストを重ね、アンテナも高くしてこのあたりは慎重に選定して行きたいと思います。

小林昌義

航続距離

今日は先週に引き続き新バッテリーの走行テスト。

100Km走破の壁はなかなか厚く、途中NTT東日本関東病院前の薬局さんとドライバーズスタンド2りんかんさんで少し充電させていただきR246往復全行程120Km程走行できました。 来週はスカイツリー経由で埼玉までテストランです。誤解があるといけないので・・・エコモード、エコラン駆使しての走行距離なので、ガソリンバイク並みの走行をすると実走60Km前後のスペックといったところでしょうか(電池容量60Ah)

電動バイクの航続距離の算出は使用環境やバッテリー種類、コントローラー出力電流(モーター容量はあまり関係ないです)車体重量等で大きく左右されるので一概に言えませんが、バッテリー容量(  )Ah≒(実用走行距離)Km

一般的な20Ahバッテリーでしたら使用範囲20Km圏内で考えておくと、電池も長持ちしてとても便利に使用出来ると思います。

電動バイクに乗りなれてくると必然的におとなしい乗り方となり航続距離も長くなります。エコランも電動バイクの魅力の一つと思います。

20Ahのスペックで50Km程度走る実績もありますが毎日走り続ける事は不可能なのでm(_ _)m

例えば20Ahで50Km以上とか40Ahで100Km以上走行と謳っているものは要注意でしょうか・・・

あくまで個人的な見解です。参考まで

小林昌義

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9
PAGE TOP