ホーム > NOMEL代表ブログ

NOMEL代表ブログ

2012年の幕開け

1/6 新年の水道の水も凍る寒さでしたが、本日は神奈川の工場に一日引きこもって作業しました。

 

12-01-06_004.jpg

日ごろからお世話になっている7C厚木工場で、今年新たに電動バイクビジネスをスタートさせる方が試乗に来られたので

現状の市場と今後普及への市場構築・製造過程での善し悪し、簡単に構造や性能面トラブルシューティングなどを中心にお話しさせて頂きました。

12-01-06_005.jpg12-01-06_001.jpg

現状はイノベーター層中心の市場ですが新たな思いで、関心を持って取り組んでくれる方々が今後の市場を支えて行くと確信しております。

まだまだ物作りもこれからですが近いうちにガソリンバイクを価格・性能面で凌駕するモデルが続々と出て来るでしょう。

電動バイク市場はまだまだ可能性も多く課題も多いですが苦労して支えあっている方々と共に成長していければと考えております。

新たなビジネスチャンスとして関心ある方は、これからの市場の先駆者ですので、参入・撤退・売りっぱなしが後を絶たない状態の市場ですが先々を見据えて市場を共に育てていただける方々には今後も最大限協力させていただきたいと思いますのでご協力宜しくお願い致します。

電動バイクを今後購入をお考えの方々においては、創生期の現在は品質・価格・メーカーもこれから淘汰されていきますが、アフターサービスを大前提に専門店・バイク店・モータスなど購入後のメンテナンスをやっていただける店舗にて使用目的にあったお勧めの電動スクーターを購入していただく事を切に願います。

今年に入ってEV事業が日々関心が高まっている事も感じられます。ベンチャー企業・大手企業・商社・開発メーカー・行政の枠を超えたビジネスモデルで世界市場に向けた取り組みが今後の二輪業界・日本経済の起爆商材になる事を発信し続け、柔軟にスピード感もった方々と連携して今後も基盤構築を進めていきたいと思います。

小林昌義

 

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。おめでとう言葉も不適切とさえ感じる新年のスタートではありますが、2011年を振り返ると大震災ほか自然の脅威にさらされ大自然の前では如何に人間の無力さ感じさせられた激動の1年だったと思います。

東北の復興はまだまだ先の見えない中、政治・経済が少しずつ変わりつつある中、日本の未来を見据えるとこれからが非常に厳しい年となると思います。

これから子供たちの未来に何ができるか何を残すかを考えて、出来る事から少しづつ変革していくことがこれからの社会に重要な事だと考え一歩ずつ前進していきたいと思います。

2012年もお客様に満足いただけるよう社員一丸となり邁進していきますので、協力関係者様にはより一層のご支援・ご協力を賜りますよう宜しくお願い致します。

kaitennnoboriryuu.gif

 

小林昌義

電動バイク市場の今後の動向!?

12/29 世間ではそろそろ仕事納めでしょうか、、、 

先日アレックス株式会社 辻野代表にお会いするたミッドタウンのオフィスにお邪魔し、経営のご相談と年末のご挨拶に伺ってきました。

紹介するのも恐縮ですが以下リンクご参照下さい。

http://www.alex-x.com/index.html 

 

私からの一方的なご相談にも関わらず、年末のお忙し中、親切に対応していただきとても楽しい時間を過ごさせていただき、大変勉強になりました。

今後ともよろしくお願い致します。

まだまだ手探りの1年生ですがフットワークをモットーに今後も色々な方の意見に耳を傾け貴重な出会いを大切にさせていただきたいと思います。

今回は経営についてご教授に伺ったのですが、つい電動バイクの話となると熱くなってしまい、長々話にお付き合いさせてしまった事を少々反省しつつ来年も素敵な出会いに繋がっていけばと思う今日この頃です。

本題の電動バイク市場動向については、今後淘汰されていく中でビジョンンを明確に同調出来るベンチャー企業が集まり市場を動かしていくと確信しております。100年に一度の動力革命が訪れようとしている中で小さなプライドや意地を捨て市場構築をスピード感持って進めていく会社が生き残り市場を勝ち得て行くのでは無いでしょうか。

午後から少し時間が出来たので日ごろからお世話になている方に年内中にと足を伸ばしご挨拶に行ってきました。

この方も経営者として学ばせて頂く事が多く、私が脱サラするきっかけにもなった方ですが来年も色々とお世話になるかと思います。

また別の機会にご紹介させていただきます。

今年もようやく終わりを迎えようとしております。お世話になった方々に感謝しつつ来年もよろしくお願い致します。

小林昌義

 

 

電動スクーターVITA PLAYA 試乗インプレ

クリスマスも終わり今年もあと僅かです。

記事更新すこし遅れてしまいました。

先日12/22テレビ・メディア等で多方面にご活躍させている、評論家・著述家である勝間和代様にお会していただきました。

250px-Kazuyo_Katsuma_cropped_1_Kenichiro_Mogi_and_Kazuyo_Katsuma_20091129.jpg

 

ご自身のブログでも電動バイクの情報を発信されている事から、私としても是非情報交換させていただこうと、ご連絡して急遽試乗していただく事となりました。

多忙なスケジュールの中お時間頂き有難うございました。

東京での試乗という事で弊社の販売店舗様がまだ東京には広がっていない為埼玉の販売店ボイジャーモト様の協力によりボイジャー東京ショールームにて大変お世話になりました。

http://www.voyagervision.com

とても素敵な空間で楽しいひと時をすごさせて頂きました。(コーヒーご馳走様でした。)

 

_DSF4826_2.jpg

勝間様とは初めてお会いする為、少々緊張気味で試乗車の準備をしていた所、バイクで颯爽とお越し頂きとても意外なご対面でした。

YAMAHAのXJ6ですね。私の地元のツーリングチームのリーダーもXJ1300購入したばかりでやはり国産のバイクの完成度は高いと常々感じている所です。

_DSF4917.JPG

お会いした感想は外面は言うまでも無いですが内面的にも芯の通った素敵な女性でした。

ついつい電動バイクの話になり私も時間を忘れ熱く語りすぎましたが、

_DSF4864.JPG

_DSF4873.JPG

電動バイクのみならず現在の二輪業界は多くの課題がありますが、勝間様のような発信力のある元気な方が二輪業界だけでなく閉塞感の日本に新しい風を起こしてくれるのではと感じました。

後日船舶の免許もお取りになっているという情報も聞き、プライベートでも親交させていただければとついつい素敵な出会いに感謝しつつ、今後もご活躍応援しています。

二輪業界や特に電動バイクについては何時でも相談して頂ければと思います。

_DSF4905.JPG

 

小林昌義

 

 

電動スクーターVITA プレゼント 抽選結果

12/24 クリスマスイブですね。明日はクリスマス

先日は勝間和代様と電動バイクや二輪業界の現状など様々なお話をさせていただき楽しい一日をすごさせて・・・

と言っている間にもうクリスマス。勝間様との対談は後日UPさせていただきます。

 

私も久しぶりに帰宅して、我が家でもクリスマスケーキを子供と一緒に食べました。これアイスケーキです。

111224_2110~02.jpg

さて本題はプレゼントの当選発表。アンケート結果を目をつぶって・・・

愛知県西尾市にお住まいのSさんに決定。

早速明日電話してみます。 

今後の日程を調整して私が運びますのでもう少々お待ち下さい。

 

皆さんはどんなクリスマスお過ごしでしょうか

今年はいろいろな事がありました。来年はどんな年になるのでしょうか?

東北(東日本)はもう雪ですね。 

多くの方の善意で子供たちにクリスマスプレゼントが届く事を祈って。

私も出来る事から少しづつ協力し続けたいと思います。

 

小林昌義

 

 

 

 

 

 

電動バイクVITA プレゼント

今頃になってですが・・・・  先月11/23日 愛知万博跡地モリコロパークで開催されたクルマ未来博2011には多くの来場者様に訪れて頂き、弊社出展ブースでも(推定)延べ1000人のご来場がありました。 人手不足によりアンケートも200名程度で打ち切らさせていただくありがたい結果となり、まだまだ認知度の低い電動バイクについてもご来場された多くのお客様にPRさせていただく機会を戴きました事を、主催の愛知県担当者様と共催の日刊工業新聞社様にはこの場をお借りして改めましてお礼申し上げます。

また同イベントに参加・交流させていただいた企業様・関係者様大変お世話になりました今後ともよろしくお願い致します。

SH3F0332.jpgSH3F0331.jpg

さて・・・ 会場で行なったアンケートプレゼント『電動バイクVITAプレゼント』ですが、現在アンケート結果の集計と厳正なる抽選を行なっております・・・実はこれからです(汗)

クリスマスには結果発表(非公開)を行ないますので、抽選結果を楽しみにお待ちください。後日ブログで紹介させていただければと思います。

当選された方は、アフターフォローもご心配かと思いますので、(弊社は現状販売店様の募集は行っておりませんが)お取り扱いに興味のある中部地区の取扱店様は急遽臨時で募集したいと思っておりますので是非この機会(どの機会?)にご一報頂ければ幸いです。 また電動バイクに興味のある方で今後事業として取り組まれる事を検討されている方は情報交換レベルからお付き合いさせていただきます。

クリスマスまでに販売店様が見つからない場合も中部拠点の協力会社にご協力をお願いする予定ですので当選された方もご安心下さい。(断われない事を祈りつつ・・・)

小林昌義

 

 

 

埼玉スタジアム講演

12/10 埼玉スタジアム特設会場にて、地元埼玉の販売店ボイジャーモト様主催の試乗イベントに参加させていただく事となりました。

前日は関東地方でも雪が降るなど天候も心配されましたが、一転雲一つ無い天候に恵まれました。

SH3F0338.jpg

初めて訪れた埼玉スタジアム会場の感想は『素敵!』(会場関係者様お世話になりました。)

残念ながらサッカー選手との交流は出来ませんでしたが、クラブチームとのタイアップをして頑張っているメーカーさんも多いので是非埼玉でのPRにも貢献できればと思います。

本題の電動バイク試乗会ですが販売店主催のイベントでこれだけのバイクが揃う事も珍しく(史上初?)各メーカー担当者との交流もあり、とても楽しい一日を過ごさせていただきました。

saista_bike2.jpg

12月に入りとても寒い中多くの来場者様にご試乗頂きとてもメーカー問わず電動バイクが好評であった事が何よりでした。

途中ボイジャーモトスタッフ様より手作りの豚汁を振舞っていただけるサービスもあり関係者様・来場者様問わずアットホームなイベントとなりこの場をお借りして『ごちそうさまでした。大変おいしかったです。』

saista_bike6.jpg

講演につきましては、大変あつかましい事では在りましたが長く業界に関わっていることもあり少しでも情報を出せればというご依頼のもと、簡単でしたが電動バイクの約10年ほどの歴史と現状の乱立一途の市場と今後の普及という観点で来場されたお客様・関係者様と情報交換させていただける場になったのでは無いかと思っております。今後も少しでも多くの方と協力して市場を盛り上げていければと考えております。

今回主催していただいたボイジャーモト代表堀江様はじめ、協賛いただいた株式会社マーチ坂本様 MBPJapan大橋様 ご来場頂いたBikeBros栗原様大変お世話になりました。

今回協賛していただいた他メーカーの担当者様とは残念ながらお会いできませんでしたが今後とも宜しくお願い致します。

また試乗会とは別に各メーカー車輌毎のタイムトライアルなども行われたようですので各社の性能を見ていただけるいい機会だったのではと考えております。(後日販売店ブログで記事紹介させていただきます。)

近年電動バイクを扱う業者・メーカーも100近いとさえ言われております。昭和のバイク創世記を垣間見るような光景ですが内情はより複雑となっております。今後淘汰されていく中で各メーカーの枠を超えた連携が必須では無いかと考えております。今後もお客様を第一に考えより品質向上に取り組んでいるメーカーと連携して市場構築を進めていければと考えておりますので宜しくお願い致します。

小林昌義

 

埼玉スタジアム試乗イベント

11/9 本日も残すところあと1分 今年もあと・・・・・

明日は埼玉スタジアムにて販売店ボイジャーモト様主催の試乗イベントが開催されます。

心配された天気も大丈夫のようで一安心。

試乗会ということで、急に冷え込んできた寒さも気になりますが埼玉周辺にお住まいの方は温かい恰好で是非足を運んでみてください。

寒さを吹き飛ばす試乗会にしたいと思います。

ボイジャーモト代表 堀江様の企画によりトークセッションもございますので、来場者様・関係者様含め情報交換や情報提供の機会となればと思いますので同業他社様のご来場も歓迎致します。

小林昌義

東京モーターショー

12月8日 本日は年末調整の調整為、港区の税理士事務所でしばし会談後、夕方以降予定が空いたので、新橋よりゆりかもめに乗り込みビックサイトへ。あいにくの雨模様・・・師走の寒さが身にしみる中、会場は予想以上のにぎわいとなっていました。当日券のチケット売り場も平日にも関わらず長蛇の列。関係者様雨の中大変ご苦労様です。 (当日の来場者数は65900人 すでに50万人を超えている事に驚きました)

11-12-08_001.jpg

東館ブースより会場入りしました。

ナマステ

11-12-08_004.jpg

東館の入り口から展示されてたトラックの展示会場でもEV化に向けた取り組みに力を入れておりトラックのPHV車の展示もありました。会場全体がEV関連で注目が高まっていると実感できました。

今までのモーターショーと大きく違う点は『日本における閉塞感を新しい産業で』という期待感も伝わるイベントだったと思います。

高級車が軒を連ねるといった感じはほぼ無かったです。

私の関心所としては、電動2輪車の展示も大手メーカーから同業他社、台湾からの進出メーカーと今後の市場の高まりを予感させる、各社力の入れ込みが大変伝わりこれからも業界全体で盛り上がって行ければと・・・率直な感想です。 

今後3年から5年の中期目標でEV化を掲げている企業、自治体、関連メーカーなど連携を加速させ日本の復興に繋がる事を期待して、大手メーカーの威信をかけた最先端技術と弊社とのギャップ(距離)を明日からの糧としていけるよう改めて考える時間ができた大変良い機会でした。

EVも電気で走る乗り物というだけでなく多くの可能性を秘めている新たなカテゴリーとして今後様々な分野で定着して行くことで、弊社といたしましても地域産業、社会貢献に結びつけていけるように邁進していきたいと思います。

以下展覧会で撮影した画像一部UPしますので興味があればごらんください。(指紋つき携帯カメラの為画質は悪いです)

11-12-08_005.jpg

11-12-08_012.jpg

11-12-08_069.jpg

11-12-08_074.jpg

11-12-08_075.jpg

11-12-08_014.jpg

11-12-08_015.jpg

11-12-08_096.jpg

11-12-08_101.jpg

11-12-08_088.jpg

11-12-08_102.jpg

11-12-08_093.jpg

11-12-08_092.jpg

11-12-08_107.jpg

 

11-12-08_079.jpg

11-12-08_035.jpg

11-12-08_030.jpg

11-12-08_006.jpg

11-12-08_036.jpg

11-12-08_090.jpg

11-12-08_091.jpg

11-12-08_103.jpg

11-12-08_108.jpg

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

小林昌義

 

NOMEL サイト OPEN

代表取締役社長 小林昌義

12/1よりNOMEL社公式サイトが新たにスタート致しました。起業して半年が経過し、これまでにも多くの方々に支えられ大きな一歩を踏みすことが出来ました。

創業期の今を共に協力・分かち合える仲間と共にこれからの100年を創造できる企業を目指し励んでいく所存でございます。

近年人口の爆発的な増加に伴い地球環境の破壊、資源の搾取による枯渇など今後更にエネルギー革命は加速すると考え、電動コミューターの普及のみならず自然エネルギーの有効活用やインフラ整備など多方面でスマートな社会に貢献できるよう関係企業と協力しながら新しいビジネスモデルを構築して社会貢献に勤めてまいります。

世界的にも空前の変革期に入っており、資本主義経済・組織体制の崩壊が始まるといった社会不安が広がりつつありますが、CSRの観点から現状の市場を問い直し企業としての社会的責任を果たすと共に、常にお客様の視点となり日本の物作りの精神で日本から世界へとグローバルに展開できる企業を目指します。

今後も人の繋がり『絆』を大切に多くを学び、より良い会社経営が出来るよう邁進いたしますので、関係者様にはご指導、ご鞭撻、あたたかいご支援・ご協力をお願い致します。

OFFICIAL BLOGでも最新の情報を発信していきますのでコチラも宜しくお願い致します。

販売店の情報も最大限取り上げて透明性のある会社運営を心がけて行きますので販売者様からのフィードバックやブログ内容も紹介させて頂きます。ご理解ご協力の程よろしくお願い致します。

 

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9
PAGE TOP